当社について


戸建住宅から大規模店舗まで

コストと、機能・デザインは、クライアントの価値観下で、つり合う必要があります。建築は費用が大きくなるので、予算管理が重要と考えます。限られた条件下であっても、一つ一つの素材までお客様と打合せを行います。

イメージパース(CG)

設計図面から建物の完成形を把握することは専門家でないと不可能です。弊社では、アベンジャーズなどの映画で使われているCINEMA4Dを使ってリアルなCGを作成できます。設計とCG作成を同時に進めてゆきますので、安心して竣工までお任せいただけます。

地域歴史的背景を踏襲して

地方都市は無個性となり、魅力が減衰しつつあります。できるだけ古いものを活かし、個々の町々が美しく個性的であり、かつ日本の魅力ある景観に寄与する建築を心掛けております。近代遺産や古民家の保存調査、都市形成史を土台とし、現代社会の需要との調整を求めながら、設計を行っております。

地方のような建築が点在するような敷地条件においては、都会とは異なる手法でのプライバシーの確保が必要です。栗原市における伝統的な農家型長屋門なども、生活空間を他者の視線から保護し、職住共存を成立させ、中庭のような空間をつくりだしていました。独特な美しい田園風景をつくりだしており、見直すべき価値があります。再利用や、転用などの相談を特にお待ちしております。

    会社概要

    代表取締役社長  佐藤善幸

    業務内容  建築設計監理、避難安全検証、構造設計・構造計算、CGパース作成

    営業許可  一級建築士事務所 宮城県知事登録 第12310236号

    休業日   年末年始

    従業員数  4名

    資格者   一級建築士  2名

                           ヘリテージ(文化財)マネージャー  1名

                           宮城県木造住宅耐震診断士  2名 

                           埼玉県被災建物応急危険度判定士 1名

    所属団体  (社)日本建築学会 正会員

          (社)宮城県建築士会 会員


    1978年4月~ 開業

    資本金300万円


    メンバー紹介              

    Yoshio Sato

    佐藤 善雄  一級建築士

    1970 明治大学工学部建築学科卒業

    1970 大和ハウス工業株式会社

    1974 一級建築士

    1978 有限会社アクト設計開設

    Yoshiyuki Sato

    佐藤 善幸  一級建築士

    2002 芝浦工業大学建築工学科卒業

        ディプロマ賞(卒業設計主席)

        SDL 2002 ファイナリスト

    2004 芝浦工業大学大学院卒業

        建設学部総代(最優秀論文)

    2004 株式会社田村設計

    2013 有限会社アクト設計

    Etsuko Sato

    佐藤 悦子

    新潟県生まれ

    2000 ロシア留学

    (旧ハバロフスク工科大学)

    Pacific national university

    2002 国立埼玉大学教養学部卒業

    2013 有限会社アクト設計